So-net無料ブログ作成
検索選択

たてばんこ [雑貨]



立版古とは、江戸時代に「おもちゃ絵」のひとつとして

広く親しまれたもの。



「立てる版古(錦絵)」という名の通り、

錦絵を切って組み立てて楽しみます。



組み上げた時の想像以上の立体感、

パノラマ感の驚き、

楽しみはまさに立版古ならでは。



全盛期には歌舞伎などの舞台絵から

風景名所などの模写まで千種以上のものが作られていたが

大正時代あたりを最後にほぼその遊びは消えてしまいました。

現存するものは非常に少なく、まさに幻の存在となっている。


メーカー:イッツアビューティフルデイ
■サイズ:高さ150 ×横幅120 ×奥行95 (単位mm)
素材:紙

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。